読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工務店 佐渡 takumi-2jamの日記

佐渡島で自然素材をふんだんに使った家づくりに取り組みながら、気ままに書き綴っています。

佐渡 約25年物の新品!?/地松の曲がり梁

雪降っては溶けを繰り返している佐渡島
ただし気温は寒いままです。

「地松の曲がり梁」
古材をリユースする新築物件では、調査を進めて行く事で老朽化した材料の取り換えも出てきたため、工場で長く保管してきた新品の(自然乾燥)丸太梁を使用する事にしました。
この丸太梁は、地産材の松。
島全体の松が、松くい虫の被害に合う前に伐採したもので、今ではなかなか手に入らない樹種でもあります。

先ずは、ストックしてきた材料を複数並べ、取り換える材料に適しているかどうかを判断してゆきます。
またその判断には、材料の大きさや長さだけでなく”曲がり具合”も大事な要素となりました。

f:id:takumi-2jam:20160116190320j:plain

幸い、既存のモノに近い曲がりをもった材料がありましたので、今回はその材料を使うことにしました。

f:id:takumi-2jam:20160116191135j:plain

松くい虫の被害は、昭和61年頃から佐渡島で始まり平成6年ぐらいにその被害のピークを迎えた、と聞いたことがあります。
そうしますとこの材料は、かれこれ25年ぐらい前の木材ではないかと思います。

生前に父が用意しておいてくれた…と思いますと、ありがたい気持ちになります。

f:id:takumi-2jam:20160116191908j:plain
《昨日の日中/柿畑にて》