読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工務店 佐渡 takumi-2jamの日記

佐渡島で自然素材をふんだんに使った家づくりに取り組みながら、気ままに書き綴っています。

佐渡 立春に刻み/古材をリユースした新築

立春は、朝から晴れ間に恵まれた佐渡島
季節は霜がたつほど寒いものの、節分の豆をコリコリと食べながら春が来るのを楽しみにしております。

f:id:takumi-2jam:20160204182803j:plain
《工場下屋の霜模様》


立春に刻み/古材をリユースした新築」
先週末工場に届いた乾燥木材を使い、真新しい構造材(骨組みとなる材料)の墨付けを済ませ、今日から刻みを行いました。
日本酒の業界では《立春搾り》という縁起酒もありますが、私どもは立春刻みといったところでしょうか「^^」>
あらためて良い年にして行きたく思います。

使用材料は、柱・土台が国産桧、梁などはやむなく※米松で進める事にしました。
※昨年佐渡産木材のこれからに期待する話をしました。この仕事には間に合いませんでしたが、私の話に呼応する形で乾燥した佐渡産木材を取りそろえる業者もこれから出てくると思われますので、期待しています。

f:id:takumi-2jam:20160204183453j:plain