読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工務店 佐渡 takumi-2jamの日記

佐渡島で自然素材をふんだんに使った家づくりに取り組みながら、気ままに書き綴っています。

佐渡 佐渡市による住宅リフォーム工事への補助金/気を付ける点

春雨降る佐渡島です。

f:id:takumi-2jam:20160407111916j:plain

佐渡市による住宅リフォーム工事への補助金
佐渡市が住宅のリフォーム工事に対し補助金を交付する事になり、本日私の手元にもチラシが配布されてきました。(以下、写真の通りです。)
今回の補助金は「空き家対策」「三世代同居」「高齢者のみ世帯への支援」を目的にしています。
ご覧の皆様も、有効に活用されますことをお勧めします。

さて…このブログでは『この補助金を活用するにあたり気を付ける点』や『過去の同様の補助金と異なる点』について、私が役所の担当者に確認した内容のみをまとめてみようと思います。
そのため、この補助金制度の内容すべてに触れませんので、ご了承ください。
※この補助金に関する問い合わせ先:佐渡市役所 建設課 住宅係 0259-63-5118(直通)

=重要な追記=
佐渡市のホームページで、この補助金の情報が公開されていました。
以下のURLです。

https://www.city.sado.niigata.jp/info/data/2016/0401_3.shtml

f:id:takumi-2jam:20160407112214j:plain

f:id:takumi-2jam:20160407112218j:plain

◆気を付ける点1:三世代同居世帯の取り扱いについて
三世代同居についての取り扱いで、気を付けて頂きたい点があります。
ポイントは、『現に三世代同居か、工事後に三世代同居か、で受け付けの扱いが変わる』ということです。

つまり平成28年4月1日時点で、現に三世代同居している物件のリフォーム工事については、(抽選は省略され)優先受付となりすぐに審査対象になりますが、リフォーム工事後に三世代が同居する場合は一般の受付者と同様の取り扱いで抽選になります。
後者の場合は、番号くじを引いて、若い番号から審査対象になる…という流れですから前者と比較して当選確率は低くなります。

◆気を付ける点2:過去に佐渡市のリフォーム支援事業補助金を受けた人は申し込めません。
=同じ人が同様の補助金複数回受ける事は出来ません「^^」=

◆気を付ける点3:補助率は、消費税を含まない工事費です。
消費税を除いた工事費が10万円以上の住宅リフォーム工事で、佐渡市内の業者が行う工事が対象となります。

◆気を付ける点4:下水道接続工事については、原則一般の抽選申し込みになる!
昨年までのリフォーム支援事業での補助金は、下水道接続工事をする物件については抽選なし(優先受付)ですぐに審査対象となりましたが、今回の補助金は下水道接続工事だけでは一般の抽選方法の取り扱いになります。(ただし既に三世代同居している物件だったり、高齢者のみ世帯の改修工事で下水道接続工事をする場合は、すぐに審査対象になります。)

◆気を付ける点5:住設機器は補助金の対象になります。
今回の補助金は、水周りの住設機器(便器、化粧台、ユニットバス、システムキッチン)についても補助対象になります。(過去の同様の補助金からの変更点です。)

以上です。
この記事がやや長くなりましたので、日程的な事は次の記事でアップします。