読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工務店 佐渡 takumi-2jamの日記

佐渡島で自然素材をふんだんに使った家づくりに取り組みながら、気ままに書き綴っています。

佐渡 連日の雪掻き最中に、家づくりを考える

 昨日は朝晩の2回、今日も1回、工場と自宅そして実家の3か所で雪掻きをした他に
今日はお年寄りが一人住まいされているお客様の家の雪掻きもしました。

f:id:takumi-2jam:20170124191705j:plain
連日の雪掻きで筋肉痛ですが、(今更ながら)家づくりについて考えながら雪を除けておりました「^^」>
「屋根付き車庫は必要」
 これまでの経験で述べれば、青空駐車と屋根付き車庫では、除雪時間はかなり違ってきます。青空駐車では、車に付着した雪を除けてからエンジンをかけ、その後車周辺の雪を除ける事になりますが、屋根付き車庫であればエンジンをかけてから車庫周辺の除雪だけをすれば済みます。(エンジンの暖まりも早いですしね。)
「車庫と住宅はセットで考える」
 計画段階で車庫の位置は、道路に面してどの位置にするかはとても重要です。また駐車の仕方は、敷地の状況で変わってくると思いますが、除雪車が通った後の事を考えると、道なりの駐車はお薦めしません。加えて車庫の周辺に雪除けスペースの確保も考慮したほうが良いと思います。
 そして車庫と住宅は、動線(住まい手の動きやすさ)も考え、セットで考える事をお勧めします。そうすることで除雪の負担を低減できます。

f:id:takumi-2jam:20170124190930j:plain
本土の豪雪地帯ほどではないものの、佐渡島も場所によっては写真の様にかなりの積雪量になりますので、冬を快適に過ごす上でも上記の事は考えてみて下さい。
当初の工事予算で車庫まで建てる予算が無い場合でも、設計者と共に考える事をお勧めします。将来車庫を増築するにしても、当初から想定するだけでも違ってきますよ。
「軒の出と庇、あるいは窪みは有効」
昨年末に竣工した建物では軒の出を深くし、車庫の出入り口は庇を付ける代わりに窪みを作りました。写真は今日の状況ですが、車庫部分の窪みに雪は積もっていませんでした。ここ最近は、軒の出や庇の無い住宅も佐渡島で見受けますが、雪の問題だけでなく防水の納め方がしっかりしていないと雨が浸水する可能性も高いので、気を付けた方が良いと思います。

f:id:takumi-2jam:20170124192318j:plain
天候も明日から回復傾向にあるので安堵しております。
以上、これから家づくりをお考えの方の参考になればと思います。

f:id:takumi-2jam:20170124194855j:plain

私も相談に応じますので、弊社ウェブの「お問い合わせ」ボタンからメールを頂ければ幸いです。
気候の厳しい時期に家づくりを考えるのはスゴク現実的で良いですよ「^^」

f:id:takumi-2jam:20170124195157j:plain