読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工務店 佐渡 takumi-2jamの日記

佐渡島で自然素材をふんだんに使った家づくりに取り組みながら、気ままに書き綴っています。

佐渡 はじめての家づくり/しなしなと古民家/若いご夫妻との出会い

仕事(家づくり・家なおし&設計監理)

川上さん、また古民家ですか…と突っ込まれそうですが、古民家の記事を書かせて頂きます「^^」>
 過日、縁あって古民家を取得する若いご家族から、(自分たちらしい生活を目指した)リノベーション(改修工事)のご相談を受けました。

f:id:takumi-2jam:20170307211525j:plain

とはいっても、彼らにとって初めての家づくりで、一大決心となる事でもありますので、次のことを私と申し合わせました。
1:しなしなと/(目標期限をもちつつも)計画に時間をかけましょう。
 この古民家ももともと他人の家だったわけですから、自分たちらしい生活をここでするには間取りの変更といった工夫が必要になると思います。そのためには、いくつかのプランをもとに打ち合わせをしながら、使いやすそうか、動きやすそうかといった点も煮詰めてゆく事がたいせつだ、と私はいつも思っています。
 また古民家の場合は広いので、主に使う広さを限定してリノベーションする、といった事もありえますし、子供の成長や老後までの家の使い方の変化も考えておくと良いと思います。(技術的な事も付け加えるならば…将来まで見通して考えると、これまでこのブログで書いた”断熱リノベ(改修)”への理解も深まり、その施工をする事でご家族の健康維持につながります。)
2:わかる・わかりあう/現状をしっかり把握、そして理解しましょう。
 主に専門家である私が状況調査(インスペクション)する事になりますが…古民家の既存状況(間取り、傷み具合など)を知ることは、リノベ計画を立てる中で大事な情報となります。また腐食の度合いにより最優先で解決しなければならない事が発生するかもしれませんので、しっかりと現状を把握しておくことは大切ですし、はじめて家づくりを経験するお客様がその状況を”わかる”ことは将来的にも意義有る事です。
・・・今のところ、こんな感じです・・・
 古民家が自分たちの棲家となったら、あんなことも、こんなこともと夢描ける事はとても良いことですね。(楽しんで考えてゆきましょう。)
さて私は、(新築・改修を問わず)家づくりを夢描くご家族に寄り添う存在で居ますので、今後ともよろしくお願いいたします。
以上、古民家関連の話題の多い川上でした「^^」>
※以下の写真は、本日のモノ。一日通じてこんなに変わりやすい天候でした。

f:id:takumi-2jam:20170307213738j:plain

f:id:takumi-2jam:20170307214713j:plain