読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工務店 佐渡 takumi-2jamの日記

佐渡島で自然素材をふんだんに使った家づくりに取り組みながら、気ままに書き綴っています。

佐渡 難しい仕事の機会を楽しむ/改修工事

takumi-2jam.hatenablog.com3
この場で3月4日に書いた現場では、解体後に残した部分の改修工事に取り掛かっています。なお解体した部分には、後日”古材の棟木をリユース(再活用)した”新しい建物を建てる予定です。
「難しい仕事の機会を楽しむ」
 この現場では(私どもが関わる前から)過去に数回増改築が行われており、現場はとても入り組み複雑な状況になっていました。そのため今回の改修計画をスムースに進めるには、大工スタッフが程良く内部解体したら補強や補正を施し、次の作業にうつる流れとしています。文字で書くとそうでもないようですが、内部解体直後にどういう対応をしたら良いかを早く方向づける必要が有り、大工スタッフとの現場ミーティングもこの現場ではこれまで以上に細心の注意をはらってきました。

f:id:takumi-2jam:20170325014308j:plain

f:id:takumi-2jam:20170325014325j:plain
 自分たちのここ数年の仕事を振り返りますと、難しい仕事をする機会が増えている気がしています。現場調査をし複数の課題を机上で思い描き、大工スタッフと現場でアイデアと技術を出し合い課題を解決を繰り返す様な内容の仕事です。
面倒な仕事といえば確かにそうなりますが、私はありがたく思っています。私や大工スタッフのこうしたか現場での経験は、いつか出会うお客様への糧になる事は間違いないからです。
「課題解決から機能充実へ」
つい先日いろいろあった課題も解決しましたので、現場を順調に進めてゆけると思います。(お客様ご家族も、安堵された事と思います。)
さて、この現場でも今後は断熱改修をしお客様が年間通じて快適に過ごせる室内環境をつくりだそうとしています。問題解決から機能充実へとステップアップし始めました「^^」

f:id:takumi-2jam:20170325014752j:plain