読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工務店 佐渡 takumi-2jamの日記

佐渡島で自然素材をふんだんに使った家づくりに取り組みながら、気ままに書き綴っています。

佐渡 猫のいる家の断熱改修/試し焚き

時化て来て、いよいよ真冬の天候へ向かっている佐渡島です。
明日は吹雪く予報も出ていますし、島に渡航の際はご注意下さい「^^」

「試し焚き/薪ストーブ」
昨日薪ストーブの設置を終えたこの現場へ、今日の午後監理に向かいました。
玄関を開けるとホンノリと暖かいので奥様に聞いてみた所、ご主人が試しに焚いてみたとの事でした。(ご主人は、実に嬉しそうにしていた、そうです。)

f:id:takumi-2jam:20151226175122j:plain
また(改修前の状況から)断熱・気密を向上させた効果もすでに出ていて、家のどこよりも暖かくなったことを実感されているご様子でした。

f:id:takumi-2jam:20151226175712j:plain
《炎の様子を楽しむ奥様と》
今回使用した薪ストーブ本体は、北欧ノルウェーのヨツール社製のモノです。
デザインはクラシックな感じで、作りもシンプルな点がご夫妻の気に入られた点でした。(後々の手入れも、考慮して決めました。)

=付記:せっかくの暖かさを逃がさず効果的に=
薪ストーブは確かに暖まる(暖かい)のですが、この現場では断熱・気密を上げた事による効果の方が影響しています。
断熱・気密性を向上させたことで暖かさを冷めにくい室内にしている為です。

断熱・気密の低い空間では、ストーブ周辺だけしか暖かくならない「局所暖房」にとどまり、薪の消費量も多くなる事は必至です。(薪の調達も考えてからの、薪ストーブ設置ですから)

いつか薪ストーブを設置したい、とお考えの方は断熱・気密性の向上をきちんと踏まえておいた方が良いと思います。