工務店 佐渡 takumi-2jamの日記

佐渡島で自然素材をふんだんに使った家づくりに取り組みながら、気ままに書き綴っています。

佐渡 しなやかに継ぐ年

新年明けまして、おめでとうございます。

f:id:takumi-2jam:20210106182801j:plain

昨年からのコロナ禍によりそれまでの平穏な日常に戻るのは難しいと思う中で、生活の器であり安全な場としての家の在り方も変わってきました。
その昔「雨風しのげれば済んだ家」も、それらの最低条件に加え「健康で生活しやすい丈夫な家」へと変わってきました。
加えてリモートワークの普及により、プライバシーと両立した”働きやすい家”も必要になってきています。

f:id:takumi-2jam:20210106183030j:plain

ブログをご覧の皆様へ:笑顔で過ごす日の多い一年となりますように!

工務店三代目の私としては、変わり続ける家づくりの環境に対してしなやかに対応しよう!と考えています。

また佐渡島での空き実家や空き建物をRE活用したリモートワーク生活やワーケーションの出来る家(建物)が増えることで、超・過疎と超・少子高齢化を遅らせる一助につながればと願っています。

佐渡島の小さな工務店ですが、本年も何卒よろしくお願いいたします。

(有)川上工務店 代表取締役 川上巧

f:id:takumi-2jam:20210106183609j:plain



「佐渡 小さな家具製作/思いを形に」

例年であれば木枯らし吹いて寒いこの時期ですが、暖かい晴れ間の日々が続く佐渡島です。

 

このブログで今年の9月11日に「工務店ですが…」という記事では、佐渡産の杉材で(味噌を製造する際に使う)木製蓋を新しく作った…という内容でした。

f:id:takumi-2jam:20201117112040j:image

今回はその時に預かった古い木蓋を再活用して小さな家具を作りました。

普段なら廃材処分する古い木蓋に親しかった故人が思い出され、気になり捨てきれず「何か新しい形で生まれ変わる事が出来ないか?」を考えたのが、この家具作りのキッカケでした。

f:id:takumi-2jam:20201117112108j:image

また私の思いとしては、故人への感謝とご家族に喜んで頂けるものを考えデザインしました。

 

出来上がった後この家具に、Dossa!Kenji(ドッサ!ケンジ)と名前を付けました。

f:id:takumi-2jam:20201117112128j:image

ドッサ!というのは佐渡の方言で「すごいな!やったな!」と感嘆して褒める意味合いでも使われる言葉です。そしてそこに故人の名を連ねました。

 

私がした今回の事を、彼はあの世できっと「ドッサ!マッテいいねかさ。」と言ってくれる気がします。

f:id:takumi-2jam:20201117113307j:image

代々の味噌づくりで長く使われてきた木蓋は、とても良い独特の素材感がありますので、今後はこの味噌屋(こうじ屋)さんで商品ディスプレイや飾り棚など多様な使われ方をしてくれると思います。

 

お客様へ差し上げた際にスーッと気が抜けて楽になったのは、私にとっても気持ちの部分で一区切り付いたからかもしれません。

f:id:takumi-2jam:20201117112618j:image

=追伸=

仕事の事情やお客様へのプライバシーを配慮した為、ブログの更新が空いていますが、ご了承下さい。(体調は悪くありません)

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 

佐渡 イラストを頂く/3年目のサンザバル

平野部では稲刈りを終えた風景が広がる佐渡島
寒暖の差を肌で感じる季節になりました。(日中23~5度、最低気温15~17度)
それでも紅葉の色付きは、少しづつといった感じです。

「イラストを頂く」
両津港ターミナルから徒歩5分の場所に、3年余り前から開店した小さな飲食店があります。
店名はサンザバル(SUN THE BAR)といい、私どもで設計・施工させて頂きました。

f:id:takumi-2jam:20201008164242j:plain

 つい先日ですが、このお店を描いたイラストを作者より直々に頂きました。
作者は、私も仕事でお世話になっているイラストレーター:まついよーこサンです。

佐渡の風景を描いたイラストはがきやトキのイラスト切手、佐渡番茶のパッケージなど描いている作家ですが、ほのぼのとカワイイ彼女なりの作風は私も気に入ってます。

そして、この店のマスターといろいろ語り・悩み・楽しんで作ったお店が、イラストという形で表現して頂けたことを、大変ありがたく、うれしく思います。

f:id:takumi-2jam:20201008165254j:plain

オープン当時のサンザバル外観(2017年8月)

f:id:takumi-2jam:20201008170813j:plain

オープン直前の店内(2017年7月)



またお店の様子をご紹介する意味で、リンクを貼ります。
ご紹介するのは「佐渡旅(sadotabi)というブログ」で、筆者がサンザバルを訪ねた時の様子がとても良くまとまっています。(2018年4月の記事)

sado-tabi.blog.jp
サンザバルのフェイスブックページは以下の通りです。

https://www.facebook.com/sunthebar/

私もまた近いうちに、このお店に足を運ぼうと思っています。

f:id:takumi-2jam:20201008172411j:plain



「佐渡 工務店ですが、なべ蓋を作る!!」

日差しはまだ強いものの、風そよぎ日中も過ごしやすくなった佐渡島です。

 

家族で永くお味噌を作り続けている小さな店の若い店主より、大きな鍋蓋と落し蓋の注文を頂き製作しました。

f:id:takumi-2jam:20200911193335j:image

先代の鍋蓋は、かれこれ5〜60年使って来た年代物。

コトワザに「破れ鍋に綴じ蓋」とありますが、この蓋はまさしくそんな綴じ蓋でした。(綴じ蓋:修理して使い続けている蓋)

 

今回新しくするのにあたり、先代の蓋と同じ杉材で長持ちする様に赤味だけを使いました。

f:id:takumi-2jam:20200911193418j:image

鍋蓋の取手部分は、吸付あり桟で納めてあります。
f:id:takumi-2jam:20200911193423j:image

家づくりが本業の私たちですが、木を使った道具でも「つくる楽しみ」を感じた次第です。

ご依頼ありがとうございました。

またこうした機会あれば、よろしくお願いします。

 

=追記:皆ありがとう=

納品時に女将さんからハガキを頂きました。

今年他界されたご主人の思い出の絵に…皆ありがとう…と書かれています。

f:id:takumi-2jam:20200911193928j:image

人に対しても、どんな仕事でも、皆ありがとう!だと思いました。

 

佐渡 大安吉日に看板を新設

昨日の酷暑(36〜38度)から気温も幾分やわらいだ(30〜32度)佐渡島です。

ご覧の皆様も、熱中症には充分お気をつけ下さい。

 

「(たいへん遅ればせながら)看板を新設」

f:id:takumi-2jam:20200904172732j:image

事務所入り口周りの外壁を過日改修をし、郵便箱や木製ベンチを据え付けてから、何か物足りなさを感じ様子を見ていました。

 

そんなある日の事、事務所の入り口なのに、社名看板をこれまで掲げていなかった事に気付きました(苦笑)

我ながら気づいた時には、赤面し頭を掻きました(笑)

f:id:takumi-2jam:20200904173257j:image

そこからデザインをイラストレーターとあれこれ試行して8月に決め、たいへん遅ればせながら、大安吉日の本日、無事に看板を新設いたしました。

看板デザインと製作では下記のお二人にたいへんお世話になりました。ありがとうございました。

・デザイン:まついよーこ(島内在住のイラストレーター)

・製作・取付:造形社(担当:高橋)

 

f:id:takumi-2jam:20200904173335j:image

家づくり(新築や改修)をお考え・お悩みの方、遠慮なくお越し下さい。※

※普段は外出も多いため、お越しの際は事前に私まで電話をお願いします。(090-1658-9147)

f:id:takumi-2jam:20200904173432j:image

 

佐渡 久しく懐かしく/シールを貼った壁

佐渡島も、暑い日々が続いています。
築50年ほど経った古い木造住宅で、台所の改修工事を始めました。
どんな改修工事でもそうでうが、最初は解体工事からスタートします。

昭和の時代に流行った新建材の化粧ベニヤをはがすと、古い漆喰壁が現れ、そこにはお客様が小学生の頃兄弟で貼ったシールが出てきました。

f:id:takumi-2jam:20200902191214j:plain

計画ではこの壁を解体せず大壁で覆いますので、このシールたちも保存されます。
この先50年経った時にリフォームしたなら、子孫はこの壁にきっと驚くことでしょう「^^」

f:id:takumi-2jam:20200902192609j:plain
また暑い中ですが、大工スタッフは手際良く順調に進めているので安心しています。
この先、古い建物での改修工事特有の悩ましいハプニングも出るかもしれませんが、懐かしい壁に出会えたりする喜びも有りますので、みんなで精進して取り組みます。





佐渡 残暑見舞い/面白そう!をやってみて

遅い梅雨明けは夏を短くする…どうもそれは暦だけの様ですね。

早いもので、8月も残す所10日となりました。

 

佐渡でも暑さが続いています。

大工スタッフは暑い中外仕事を進めていますが、水分補給と休憩を取る様指示する連日です。

f:id:takumi-2jam:20200820153038j:image

また、面白そう!で始めた事務所入り口のディスプレイも楽しんで続けています。

 

ディスプレイといっても、事務所の敷地に生えた(伸びた)草花を何となく活けてるだけなんですが、一昨日からは、子供が小学生の頃作った木製のネコも仲間入りしました。(結構前に作った夏休みの自由課題だった気がします)

 

わずかな時間でも、面白そう!と思う事をしてみるのは楽しいものですね。

f:id:takumi-2jam:20200820153506j:image