工務店 佐渡 takumi-2jamの日記

佐渡島で自然素材をふんだんに使った家づくりに取り組みながら、気ままに書き綴っています。

佐渡 さんざBAR/照明

佐渡汽船両津港ターミナルにほど近いこの現場では、雨も予報通りそれなりに降りましたが、午後から小雨程度の落ち着いた天候になりました。(道路冠水や雨漏りも無し)

「照明」

現場では電気設備業者による照明器具取り付けや厨房のステンレス張り、エアコン設置を行いました。

f:id:takumi-2jam:20170724202059j:plain

照明でもシーリングライトなどは場所も決めてあるのでそのまま設置するだけですが、一番気になるのは無垢カウンター上の照明位置とその高さなので、お施主さん立会いで決めイイ感じで仕上がってます(^-^)

佐渡 大雨による見回り点検

佐渡島では、50年に一度の大雨…と全国ニュースで報じられた事で、ご心配されている方たちも多いと思います。ただし道路冠水や土砂崩れといった被害が、島全体で発生いるわけではありません。今の所主な被害は、大雨が集中して降った地域(小佐渡)や川の下流域でした。(今後の状況で変わることもあり得ますが)

f:id:takumi-2jam:20170724193604j:plain

f:id:takumi-2jam:20170724193639j:plain

その様な状況ですが、家の見回り点検は明後日から行うことにしました。

訪ねるお宅は道路冠水した先にもありますが、慌てて動くよりも、道路や周辺の状況が落ち着いてからキッチリ見回りいたしますので、ご安心下さい。対応を急ぐことが有っても、道路状況が悪いままでは応急処置もままならないですから(^-^)

f:id:takumi-2jam:20170724195039j:plain

さんざBAR/様々な職方が出入り

日中は、暑さ続く佐渡島です。
それでも夜は風も吹き、エアコンじゃなくても扇風機で間に合うあたりが島の恵まれたところだと思うこの頃です「^^」>

f:id:takumi-2jam:20170722193352j:plain
「様々な職方が出入り」
竣工に向け、現場では流れに沿って様々な職方が出入りしています。
現場の立地条件や広さの関係で、複数の業者が同時に作業するには限度があるためです。

f:id:takumi-2jam:20170722192414j:plain
《出入り口建具の取り付け》

f:id:takumi-2jam:20170722193143j:plain
《ガス・水道の引込み工事》

f:id:takumi-2jam:20170722192500j:plain

《厨房の板金寸法取り》

f:id:takumi-2jam:20170722192544j:plain
厨房機器のセッティング》
職方の確実な仕事とスムースなバトンタッチで作業も順調に進んでいますので、来週中旬には竣工予定です。その後は、グランドオープンに向けた準備に入ります。

佐渡 さんざBAR/造作完了し、塗装へ

佐渡島でも、暑い日が続いております。
このブログをご覧の皆様も、暑さ対策をしてご自愛ください。
「造作完了し、塗装へ」
昨日までで、内部の造作工事を終えました。
これから塗装工事に入ります。
今日は、お施主さんと塗装職人、そして私の3人で現場ミーティングを行いました。
塗装を前に私がイメージしていた事は・・・メリハリを付けつつもシンプルである事、そして素材感を残し、仕上げ過ぎない塗装です。

f:id:takumi-2jam:20170715193830j:plain
そのため店の顔になるケヤキのカウンター、タテヨロイ張りの杉板、厨房の壁・天井など塗装する箇所も(ドラマや映画のように)主役と脇役を分けること、この場では何がメインになるか、といったから考え始めました。お互いが良い感じで存在感を保つ、そんなイメージです。
3人の打ち合わせで決めた色がどんな感じで仕上がるか、来週からの作業が楽しみです「^^」
=追記:カウンター設置を祝って飲む=
ケヤキカウンターの設置と造作の完了を祝い、お施主さんと昨晩遅くまで飲み、話しました。
御自身の夢であった店がいい形で現実味を帯びてきた事を、とても喜んでいました。
完成に向け、現場をまとめる立場としてさらに頑張ります。

佐渡 ひょうご屋シーズン2/全体ミーティング

現場は、店舗の雰囲気を十分醸し出してきましたが、ここでお客様と工事関係者が集い全体ミーティングを行いました。(この段階でお客様にはかなり満足して頂いてますが、更に良くするためのミーティングです。)

f:id:takumi-2jam:20170713200906j:plain
お客様の望むことを、細かい所まで理解し、いろいろな対応策を絞り込み形にして行くには、とても意味のある集まりでした。
微妙なニュアンスを理解し提案するには、現場で話し合った方が解決の近道ですね「^^」

f:id:takumi-2jam:20170713201052j:plain
現場はあと数日進めた後いったん夏休みをし、9月から再開する運びとなりました。

佐渡 さんざBAR/ファサード色付き

暑い日が続きますが、風もそよいでいますので木々の日陰下だと快適な佐渡島です。
それでも塩飴なめて、熱中症に気を付けています。
ファサード色付き」
手さぐりで進めている訳ではありませんが、店舗の工事は楽しさと同時に難しさも同居しています。
また住宅の工事よりもお店となれば、近隣の方だけでなく通りかかる車の中からも「いったい何が出来上がるんだろう?何の店になるんだろう??いつオープンするんだろう???」といった注目が日に日に増している様です。
頑張ります。

f:id:takumi-2jam:20170713194609j:plain
現場では、外部の塗装を施しファサードがいよいよ具体化してきました。使用した外壁は杉板ですが、両サイドとくぼませた正面は板の張り方を変えています。また両サイドの板は、渋めにウッドロングエコとし、正面は白に塗り分け調子を整えています。


佐渡 さんざBAR/厨房から見える壁

日が経つに連れ暑さ増す佐渡島です。
このブログをご覧の皆様も、熱中症には十分ご注意ください。
暑さ対策のため扇風機フル回転しつつ、この現場の大工スタッフは内部造作を順調に進めています。
「厨房から見える壁」
先日のブログでは、このお店のBARカウンターについてふれました。
今回は”厨房から見える客席の壁”について、書いてみようと思います。
仕事の依頼を頂いた際、店主となるお施主さんにとっても「この店いいなぁ!」と思う様な事が出来たら、とざっくり考えておりました。家づくりであれば…対面キッチンで調理する奥様が目にする食堂側の心地良さをどうしたら良いか、を考える様なことです。

f:id:takumi-2jam:20170711200231j:plain
アレコレ考えた結果として、杉の板をタテ使いにしたヨロイ張りにしました。
壁の左手側が海で、右手側が加茂湖(汽水湖)という立地条件と板を(上下方向で)素直に使いながら個性的な壁を意識した結果です。
板の使い方や節がさざ波のような感じになるかどうかはわかりませんが「^^」>

f:id:takumi-2jam:20170711202209j:plain